タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 注文住宅の間取りにお困りの方へ|家事動線のポイントを愛媛の注文住宅店がご紹介!

注文住宅の間取りにお困りの方へ|家事動線のポイントを愛媛の注文住宅店がご紹介!

2020-02-06

「注文住宅の間取りを考えている」
「家事が行いやすい家事動線について知りたい」
このように、注文住宅の間取りについて考えている方が多くいらっしゃると思います。
注文住宅を購入するなら、家事がしやすい間取りにしたいですよね。
そこで今回は、注文住宅の家事動線について愛媛の注文住宅店がご紹介します。

 

□注文住宅を購入するときに注意する家事動線とは

家事動線とは、家事を行うとき、どの部屋をどのように通るかを表すものです。
この通り道が短ければ短いほど、無駄なくスムーズに家事を行えるようになります。
家事動線には、料理や洗濯、掃除をするときに通る通路があります。
料理をするときは、冷蔵庫から調理台、コンロの間などが家事動線です。
洗濯するときは、洗濯機から物干し場までの経路です。
また、一番大きく動くことになる掃除の家事動線は、床の種類ごとなどで変わります。
このように、家事動線が長くなればなるほど、家事の効率が悪くなり、時間がかかります。
そのため、注文住宅を購入するときは家事動線を考えて設計することをおすすめします。

 

□家事動線を決めるときのポイント

上記では、家事動線の重要性をご説明しました。
家事動線は、家事の種類によって様々です。
ここでは、家事動線を決める時のポイントを家事の種類ごとに説明します。
はじめに、料理を楽にする家事動線を考えます。
広いキッチンに憧れる方が多いのではないでしょうか。
しかし、広いキッチンは実際に使ってみると不便なこともあります。
冷蔵庫から食材を取り出して料理するまでの流れをイメージして設計することが重要です。
また、食卓がキッチンの横にあると、配膳も楽になります。
次に、洗濯を楽にする家事動線です。
洗濯の動線を考えるときは、洗濯機で洗うとこから収納するまでをイメージしなければなりません。
洗濯機から物干しまでの距離が近くても、たたむ場所までが遠いとあまり意味がありません。
また、洗濯物は重たいのでできるだけ一箇所で済ませられるようにした方が良いです。
掃除を楽にする家事動線を考えることも重要です。
掃除の動線を考えるのが一番難しいと言われています。
理由は、部屋の作りによって掃除道具が異なるからです。
例えば、フローリングを掃除していても隣に畳の部屋がある場合は、ほうきに変える必要があります。
間取りで、掃除を楽にしたい場合は床の材質ごとに配置を考えることが必要です。
しかし、デザイン的な問題もあるので設計のときに考えるよりも、掃除道具を近くに揃えておく方が有効かもしれません。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の家事動線についてご紹介しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様の住まい購入に関する悩みを全力で解決します。
注文住宅の購入を考えている方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。