タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛の方、必見!注文住宅購入における打ち合わせの注意点は?

愛媛の方、必見!注文住宅購入における打ち合わせの注意点は?

2020-01-06

皆さんは、注文住宅購入の打ち合わせの際に
「打ち合わせでなにを話せばよいかわからない。」
「業者との打ち合わせでの注意点はあるのだろうか。」
と考えたことはありませんか。
打ち合わせには注意しなければいけない点があります。
そこで今回は、愛媛の専門家が打ち合わせで注意すべき点について解説します。

 

 

□打ち合わせで注意すべき点

 

*提案が具体的であるか

注文住宅を考えた際、どのようにするか想像が膨らみますよね。
しかし、家づくりが初めの希望通りに進むとは限りません。
なぜなら、予算や建設できる内容なのかを確かめ、調整する必要があるからです。
この際に、依頼者の希望にできる限り沿って設計をすることが必要ですよね。
良い業者は予算がある中で、いかに快適な住宅を設計するのかを考え、できることとできないことを明確にしてくれます。
また、より理想に近い住宅にするために良い業者に依頼をすることが重要なため、しっかりと業者の対応力を見極めましょう。

 

*業者と情報の共有をする

納得できる住宅を建てるためには、業者との情報の共有が必要不可欠です。
住宅を建てる場合、希望通りにいかない場合が多いです。
しかし、その際に希望との落差を埋めるために、様々な提案をしてくれます。
大切なことは、意見の食い違いを修正し、お互いの情報を共有することでしょう。
お互いに情報を共有することで、より理想に近い住宅を作れます。
そのために、満足できるまで打ち合わせを行うことが必要です。
この際に、満足いくまで打ち合わせを行うと迷惑だと思われてしまうかもと不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、業者もより良い住宅づくりをしたいという思いを持っているため遠慮することなく打ち合わせを行いましょう。

 

*サンプルチェックは大きなものを確認

注文住宅を建てる際、仕上げ材料の見本を見せてもらう場面があります。
この際に、できる限り大きな見本を見せてもらうことが住宅づくりを失敗させないために重要です。
仕上げ材料のチェックは住宅の外観や内装の色合いを決定するうえで重要であるため軽視できません。
そのため、見本は大きなものを見せてもらうことで、思っていた色合いと実際の色合いが違うといった問題を防げます。
したがって、仕上げ材料の見本を見せてもらう際は、出来る限り大きなものを用意してもらいましょう。

 

 

□まとめ

今回は注文住宅における打ち合わせの注意点について解説しました。
この記事を参考に、注文住宅を購入する際の打ち合わせを行ってみてはいかがでしょうか。
当社では注文住宅についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。