タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛で家を建てたい方必見!注文住宅と建売住宅の違いとは

愛媛で家を建てたい方必見!注文住宅と建売住宅の違いとは

2020-02-14

「注文住宅と建売住宅の違いを知りたい」
このように、注文住宅と建売住宅の違いがよく分からない方が多くいらっしゃると思います。
住宅を購入するときには、この違いを押さえて自分の理想の住まいを建てたいですよね。
そこで今回は、注文住宅と建売住宅の違いを愛媛の注文住宅店がご紹介します。

 

□建売住宅と注文住宅の違いとは

建売住宅は、土地と建物がセットになって販売されているもので、大手メーカーによって販売されていることが多いです。
一般的に、建売住宅は工事の費用が抑えられるメリットを持っています。
その理由として挙げられるのは、同時に比較的まとまった土地を購入し、一気に建設するところにあります。
始めに、まとまった土地を何棟かに分けます。
これらの分けられた土地に、工場で作られた建材を運び込み、組み立てる場合が多いです。
このような建築方法をとることで、工事にかかる時間を短縮できるので、人件費や材料費を抑えられます。
同時に建てるため、景観を意識されているので統一感のあるきれいな街並みも特徴です。

また、建売住宅のもうひとつのメリットとして、比較的利便性の高い場所に建てられていることがあります。
土地と建物を同時に売るため、利便性の良い場所でないと買ってもらえない可能性があるからです。
これらを踏まえた上で建売住宅は、「土地を購入していない方」や「できるだけ早く入居したい方」、「決められた間取りやデザインの中から自分に合ったものを選びたい方」などにおすすめです。
注文住宅は、設計事務所やハウスメーカー、工務店に設計から工事までを依頼して、住宅を建てるものです。
国に定められた法律の範囲内にはなりますが、自分の理想を細部まで追求できるのがメリットです。
細かなポイントまで自分の理想を反映させられるので、質の高い暮らしを実現させられます。
この点は、規格化されている建売住宅の場合だとプランや設備の自由度に限界があります。
そのため、「注文住宅は土地の購入から時間をかけてこだわり抜いた住まいにしたい方」や、「外観や内装のデザインにこだわりたい方」、「どうしても取り入れたい設備がある方」におすすめです。

 

□まとめ

今回は、注文住宅と建売住宅の違いをご紹介しました。
建売住宅は、複数の住宅を同時に工事するので費用を抑えられます。
反対に、注文住宅は細部にまでこだわって、理想の住宅を建てられます。
住宅を購入される場合は、これらの特徴を踏まえて決定するのも良いかもしれません。