タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛の専門家が注文住宅における内装の決め方について解説します!

愛媛の専門家が注文住宅における内装の決め方について解説します!

2019-12-19

「注文住宅における内装の決め方について知りたい」
「内装についてなかなか決まらずに悩んでいる」
このように、注文住宅における内装について悩んでいる方が多くいらっしゃると思います。
しかし、注文住宅における内装の決め方について詳しく知らないですよね。
そこで今回は、愛媛の専門家が注文住宅における内装の決め方について解説します。

 

 

□注文住宅における内装の決め方とは

 

*コンセントの位置と数

意外と忘れがちであるのが、室内のコンセントの位置と数です。
コンセントの位置や数を誤ってしまうと、家事がしにくくなってしまいます。
こういった事態を避けるためにも、打ち合わせの段階でコンセントの数を考えておきましょう。
使用する家電の数をリスト化して、間取り図をみてどこにコンセントがあれば便利かどうかを考えます。
ただ注意点として、コンセントの数を増やしすぎるのも良くありません。
そのため、部屋ごとに置く家具の数についても確認しておく必要があります。
業者にあらかじめ適切なコンセントの数を聞いておくのも良いでしょう。

 

*出入り口の大きさ

出入り口の大きさには、注意が必要です。
例えば、広いクローゼットを作ってみたのは良いものの間口が狭いと家財が入らないなんてこともあります。
結果として、家財が使用できなくなってしまいます。
そのため、あらかじめ家財の寸法を確認しておきましょう。
そして、施工業者に寸法を正確に伝えておきます。
また、現在暮らしている住宅を参考にするのも良いでしょう。

 

*各部屋のスペース配分

注文住宅を設計する際は、広々とした部屋でくつろげるリビングや広大な収納スペースを取り入れたいと考える方も多いのではないでしょうか。
しかし、部屋が広いと良いわけではありません。
一方で、部屋が狭くても使いに悔いです。
そのため、部屋の面積を決める際はその部屋に置く家具や生活動線を意識しましょう。
特に、廊下やキッチンは出入りが激しい場所です。
それゆえ、きちんとスペースの確保はできているか、無駄なスペースがないかどうかといったポイントをよく確認しておきましょう。

 

 

□まとめ

今回は、愛媛の専門家が注文住宅における内装の決め方について解説しました。
この記事を参考にして、内装をより良く完成させましょう。
当社では、注文住宅に関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望する内容を真摯にお伺いし、最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社まで気軽にお電話でお問い合わせください。