タテリノFIELD

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛県で注文住宅をお考えのあなたへ!費用とその内訳を徹底的にご紹介!

愛媛県で注文住宅をお考えのあなたへ!費用とその内訳を徹底的にご紹介!

2019-11-02

 

 

「注文住宅に興味があるけど、費用はどのくらいかかるんだろう。」
「注文住宅にかかる費用ってどんなものがあるの?」
このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか?
最近注目を集めている注文住宅ですが、かかる費用は漠然としていて何だか分かりにくいですよね。
そこで今回は、愛媛県での注文住宅にかかる費用とその内訳について、具体的にご紹介します!

 

□そもそも注文住宅のメリットとは?

注文住宅とは、文字通り、注文してから建築する住宅のことです。
既に完成している建売住宅とは異なり、土地や間取り、外観、使用する素材まで自分や家族の好みで選べます。
この自由度の高さが注文住宅の最大のメリットです。
家族でゆったりとくつろげるマイホームを求めている方にとっては、まさに理想的な選択肢ではないでしょうか?

 

□注文住宅にかかる費用はどのくらい?

注文住宅は自由度が高い分、土地や住宅のデザイン、使う素材によって金額は大きく変わります。
床面積100~120平方メートル(30~40坪)の注文住宅で考えると、2,000~3,000万円台が建築費として多い価格帯です。

 

□費用の内訳は?

注文住宅にかかる費用を大きく分けると、3つあります。
順番にご紹介します。

 

*本体工事費用

住宅そのものにかかる費用です。
総費用の75~80%を占めます。
工事に必要な足場や仮設電気、水道を設置するための仮設工事費用や、構造全体を支える基礎工事に必要な基礎工事費用などがあります。

 

*別途工事費用

建物以外にかかる費用です。
本体工事費用の15~20%が目安です。
その土地が家を建てられる状態にあるか調査するための地盤調査費用や、水道管やガス管を引くために必要な引き込み工事費用などがこれにあたります。
カーテンや照明器具の取り付けに必要な費用もここに含まれます。

 

*諸費用

住宅取得前後に支払う費用です。
本体工事費用+別途工事費用の5~7%を想定しておく必要があります。
土地や不動産の所有権を得るために必要な登記手数料や、各種税金や住宅ローンの手続き費用が挙げられます。
引っ越し費用や、家具の購入費用もこれにあたります。

 

□まとめ

今回は、愛媛県での注文住宅の費用の内訳について具体的にご紹介しました。
費用の内訳を知ると、より具体的なイメージを持ちやすくなりますよね。
愛媛県で注文住宅を検討されている方は、ぜひ一度当社までご相談ください!
きっと、注文住宅の魅力を実感していただけるはずです!

Copyright © 愛媛県西条市の注文住宅 | タテリノFIELD All rights Reserved.