タテリノFIELD

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛で注文住宅を建てたい|様々な床材の種類を紹介

愛媛で注文住宅を建てたい|様々な床材の種類を紹介

2019-09-25

「注文住宅の購入を検討しているけど、床材の種類に悩んでいる。」
「床材の種類によって何が違うのか分からない。」
こういった悩みをお持ちの方もいると思います。
素足で歩くこともある床材は肌触りや質感など、こだわりたい点も多いですよね。
そこで今回は、愛媛で注文住宅の購入を検討している方に床材の種類やその違いを解説します。

□床材の種類

*無垢フローリング

無垢材は、調湿作用に優れているのが特徴です。
無垢材は、一般的に、空気を多く含んでいるので保温性や断熱性が高く、湿気の多い季節は余分な湿気を吸収し、乾燥しやすい季節は空気を潤してくれます。
夏は素足で気持ちよく歩くことができ、冬は静電気を抑えてくれるのも魅力的です。
柔らかい樹種であれば弾力性もあるので、足腰への負担を減らせます。
また、年を経るごとに色味や艶などによる深みが出てきます。
住まいや暮らしの歴史を感じさせ、時間とともに楽しめる素材といえます。
しかし、湿度の吸収や排出で膨張と収縮を繰り返すので、反りや割れが生じやすくなります。
無垢材はこういった傷や経年変化を楽しむ考えを持つことが重要です。

*複合フローリング

複合(複層)フローリングとは、基材(合板、集成材、単板積層材など)の表面に化粧材を張り合わせたものです。
商品的には、戸建て用とマンション用、床暖房用、防音用、水まわり用などが揃い、リフォームに適するタイプもあります。
この複合フローリングは、表面の化粧材によっても分類できます。
化粧シートなど特殊加工の化粧材を張ったタイプ、天然木の単板を用いたタイプ、挽き板を用いたタイプです。
また、特徴として傷が付きにくい、摩耗(摩擦によってそのものが削られること)しにくい、変色しにくいなど様々な性能を持っているので便利な材料と言えます。

*クッションフロア

クッションフロアとは塩化ビニールにクッション材が入っている床材のことです。
クッション材の効果で弾力性があり、小さなお子さんやお年寄りと一緒に暮らすことを検討している方はひざや腰に負担がかかりにくくおすすめです。
また、耐水性が高いので、トイレや洗面台、脱衣所など水回りでよく使用されています。
掃除がしやすく、水をこぼしたらすぐに拭き取れます。
掃除機もかけやすいので、忙しい方にもありがたい床材です。

□まとめ

今回は床材の種類とその特徴について解説しました。
それぞれの素材が異なる特徴を持っているので、皆さんが床材にどういった要素を求めるのかをじっくり検討してから選択してください。

Copyright © 愛媛県西条市の注文住宅 | タテリノFIELD All rights Reserved.