タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 注文住宅を愛媛で建てる!子育てがしやすい間取りを紹介します!

注文住宅を愛媛で建てる!子育てがしやすい間取りを紹介します!

2020-02-02

「注文住宅の購入を考えている」
「子育てしやすい間取りにしたい」
このように、注文住宅を購入するときは子育てをしやすい間取りにしたいと考えている方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、子育てしやすい間取りを愛媛の注文住宅店がご紹介します。

 

□子育てしやすい間取りとは?

新しく住まいを購入するときは、できるだけ子育てしやすい家にしたいと考える方が多いと思います。
しかし、実際に子育てしやすい間取りをイメージすると難しいですよね。
そのため、業者との話し合いもスムーズに進まないこともあると思います。
ここでは、子育てしやすい間取りとはどのようなものかご紹介します。
始めにおすすめするのは、家族で顔を合わせる時間が作れる間取りです。
子育てにおいて、家族と顔を合わせて話す時間はとても重要なものだと思います。
学校や友達との話を子供から聞くのは、家族が集まる共通のスペースです。
そのため、子育てしやすい間取りを作るためには、家族が集まるダイニングやリビングを広く作ることを考えた方が良いです。
リビングが広いと、体を動かして遊べるので、自然と滞在時間が長くなります。
このようにリビングでの滞在時間が長くなると、家族で顔を合わせて話をすることが多くなるので、仲の良い家族を作れるのではないでしょうか。

また、リビングをキッチンとつながるように作ると、料理を作りながらでも子供を見守れるので安心できます。
加えて、リビングで洗濯物を畳んだり、手芸などの趣味をしたりすることで、子供との時間を増やせます。
このように、リビングやダイニングを広く取ることで、子供の遊び場や家事をしながらのふれあいが自然と生まれ、子育てをしやすい間取りになります。

次にご紹介するのは、子供の成長に合わせた間取りです。
子供の年齢や時期によっては、子供部屋が必要になります。
今は小さいから必要ないと思っていても、後々作ることになるかもしれません。
また、子供の人数によっても変更しなければなりません。
これから増える予定がある家庭の場合は、そのような場合のことも考える必要があります。
このような場合に柔軟に対応できる間取りを作れるのが、注文住宅の強みのひとつです。
子供が2人から3人で幼い時期は、1つの大きな部屋で仲良く遊べる部屋が良いでしょう。

しかし、子供が成長して、思春期になるくらいの時期にはそれぞれ別の部屋にしてあげたいですよね。
このような場合は、始めから仕切れるよう工夫して立てる必要があります。
設計の段階で、依頼する業者にその旨を伝えて話し合うことで、子供のことを考えた子育てしやすい間取りにできます。

 

□まとめ

今回は、子育てしやすい間取りについてご紹介しました。
間取りは子供の成長とともに、変化させていく必要があります。
小さい頃や思春期などで、必要な間取りは変わります。
そのため、注文住宅を購入するときは、将来のことを考えて業者と話し合うことが重要です。