タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛で注文住宅を建てる方|間取りの決め方と気をつけるポイントを解説!

愛媛で注文住宅を建てる方|間取りの決め方と気をつけるポイントを解説!

2019-08-25

 

「注文住宅を建てたいけど、間取りはどのようにして決めたらいいの?」
「間取りを決めるときに気をつけるポイントを知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
注文住宅の場合、間取りは自由に決められる一方で、何に注意すべきかわかりませんよね。
そこで、今回は間取りの決め方と、その際に気をつけるポイントを解説します。

 

□間取りの決め方

まず初めに、必要な部屋を決めます。
このときに、階段や収納も合わせて考えます。
希望をできるだけ出して、優先順位をつけておきましょう。
次に、それらの大まかな配置を決めます。
この作業をすることで、具体的な間取りをスムーズに決められます。

 

□間取りを決める際に気をつけるポイント

 

*水回りの位置

浴室や洗濯機をできるだけまとめることで、家事動線を短くできます。
家事動線が短いほど、不便さを感じることがなく、効率的に家事を行えます。
また、キッチンや洗面所の出入り口を2ヶ所設置することで、より使いやすさが増します。
さらに、トイレの位置にも注意が必要です。
玄関に近いと来客時にトイレを使いづらい、部屋から直接トイレに行けると臭いが気になるという問題があります。

 

*階段の位置

最近では、リビングに階段を設置する人が増えています。
リビングに階段を設置する理由は、家族でのコミュニケーションが増えるからです。
ただし、電気代が多く掛かるといったデメリットもあります。
これらのメリットとデメリットを比較した上で、位置を決める必要があります。

 

*収納やコンセントの数

収納やコンセントが部屋の数に対して少ないと、不便になる可能性が高いです。
収納は実際にしまうものを考えて、面積を決める必要があります。
コンセントは、家電を設置する場所を想定して決める必要があります。

 

□失敗しないために

間取りで失敗しないために、住宅メーカーや建築士に間取りのサンプルを作ってもらいましょう。
プロの目線から改善点を教えてもらえるというメリットがあります。
また、立体的なサンプルを見ることで実際の生活をイメージしやすくなります。
そして、細かい要望を話し合うことで、理想の間取りを決めていけます。

 

□まとめ

以上、間取りの決め方と、その際に気をつけるポイントを解説しました。
間取りを決めるときは、その後の自分の生活を想定することが重要です。
家を建てるときの年代や、ライフスタイルによっても重要なポイントは変わります。
ぜひ使いやすい理想の間取りの住宅を手に入れましょう。
当社では、愛媛県を中心にお客様のライフスタイルに合った住宅づくりを展開しています。
何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。