タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛の方、必見!注文住宅における収納について紹介します!

愛媛の方、必見!注文住宅における収納について紹介します!

2020-01-18

皆さんは、注文住宅の収納について検討の際に
「片付けが苦手な人に向いている収納はないのだろうか。」
「収納はどのくらい付けたらよいのだろうか。」
と考えたことはありませんか。
収納には付けるべき場所や大きさがあります。
そこで今回は、注文住宅におけるおすすめの収納について解説します。

 

 

□収納を付けるべき位置

収納は数が多いほど、たくさんの物がしまえるため便利であると考えてはいませんか。
実際には、収納で重要なことは数ではなく、どの場所に配置をしているかです。
基本的に、収納は動線に沿って作ることが重要です。
玄関や土間、脱衣所やキッチンに収納を作ることで効果的に物を収納ができるためおすすめです。

 

 

□おすすめの収納と種類

 

*壁面収納

注文住宅で最もおすすめの収納は、壁面収納です。
そもそも壁面収納とは、壁一面が収納スペースになるもので、柱や梁などの出っ張りを活用して作ります。
壁面収納は、扉を付けることで普通の壁にも見せられますし、扉を付けなければインテリアとして見せられるため実用性も高いのではないでしょうか。
さらに、奥行きを確保すれば、オーディオラックやテレビ台にもなり、簡単な作業台にもできるなどの機能も兼ね備えています。
また、壁面収納はデッドスペースを有効活用するだけではなく、アイデア次第で様々な使い方ができるため、注文住宅では最もおすすめの収納スペースです。

 

*床下収納

皆さんが、床下収納と聞いて真っ先に思いつくことはキッチンの床ではないでしょうか。
しかし、床下収納はキッチンだけではなく、注文住宅の1階であればどこにでも作れます。
床下収納は他の収納とは違い、床下に作るため生活のスペースを割かないで済むことが魅力です。
しかし、床下に作るため湿気がこもり易く収納できるものが制限されることが欠点でしょう。

 

*つり棚収納

注文住宅では、どの部屋も同じ天井高であることは珍しいですよね。
その天井高を活かした収納がつり棚収納です。
実際に、注文住宅では天井高が必要ない場所がたくさんあるため、そこを活かすことで無駄なスペースを使わず収納できます。
また、天井にあらかじめビスを付けておくことで、板を用意するだけですぐに収納棚を作れるので便利です。

 

 

□まとめ

今回は注文住宅におけるおすすめの収納について解説しました。
この記事を参考にして、愛媛県在住の方は注文住宅の収納について検討してみてはいかがでしょうか。
当社では、注文住宅の収納に関してのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問い合わせください。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。