タテリノFIELD

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 新居浜に注文住宅を建てたい!インナーガレージの注意点とは?

新居浜に注文住宅を建てたい!インナーガレージの注意点とは?

2019-07-27

「注文住宅のインナーガレージは何に気をつけたらいいのかな」
「インナーガレージを建てる際の注意点について教えて欲しい」
このように思っている方は多いのではないでしょうか。
実は、インナーガレージには多くの注意点があります。
そこで今回は、インナーガレージの注意点について解説していきたいと思います。

 

□インナーガレージを建てる際の注意点

 

*どれくらいの費用がかかるのか

インナーガレージの費用がどれくらいかかるのかどうかは、よく検討しなければなりません。
インナーガレージの費用は増築するのか、部屋を減らしてそこに作るのか、またどれくらいの広さにするのかなどによって費用は変わってきます。
また、カタログで価格を見る際には、商品価格だけが表示されているのか、それとも工事費用も込みで表示されているのかを確認しましょう。

 

*間取りをどうするか

一階部分をインナーガレージで大きく占めるので、生活に支障がでない間取りにする必要があります。
例えば、夜間に車の出し入れがある場合に、寝室がインナーガレージに近いと睡眠に支障が出るかもしれません。
また、居住空間が狭くなるので、インナーガレージをどのくらいの広さにするかよく考えましょう。
そのため、このように間取りについて注意する必要があります。

*シャッターをどうするか

インナーガレージにシャッターを設置することで、車を盗難や紫外線などから守ることができます。
シャッターにはいくつか種類があるので、用途によって使い分けることがおすすめです。
オーバースライダー式のシャッターは開閉する際に音が静かなので、夜間に車が出入りする際にも助かります。
巻き上げ式のシャッターは重いシャッターも簡単に持ち上げられます。
そのため、女性にとっても扱いやすいです。
ベルト式シャッターは重い素材には向きませんが、音が静かという特徴があります。

 

*換気できるのか

インナーガレージ内の排気ガスをこもらないような設備にする必要があります。
そのため、排気ガスを外に出せるように窓をつけたり、大型の換気扇を設置したりして換気できるようにしておきましょう。
また、排気口を設置するのも有効なのでおすすめです。

 

*住宅の強度は保てるのかどうか

インナーガレージを作る際に注意しなければならないのは、住宅の強度を保てるのかどうかということです。
住宅を支える柱はガレージ部分に設置できないので、住宅の強度が保たれるような設計にする必要があります。

 

□まとめ

 

今回は注文住宅のインナーガレージの注意点について解説しました。
このようにインナーガレージには、多くの注意点があることが分かっていただけたと思います。
今回の記事を参考にして注文住宅のインナーガレージを検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 愛媛県西条市の注文住宅 | タテリノFIELD All rights Reserved.