タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛で注文住宅の購入をお考えの方必見!間取りの考え方とは!?

愛媛で注文住宅の購入をお考えの方必見!間取りの考え方とは!?

2020-01-29

「間取りの考え方がわからない」
「注文住宅の間取りの考え方を知りたい」
このように、注文住宅の購入を考えている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、間取りの考え方を知らずに設計してしまい、後から後悔したくないですよね。
そこで今回は、間取りを決めるときの考え方について愛媛の注文住宅店がご紹介します。

 

□間取りを決めるときの考え方のポイント

注文住宅は人生の中で一番大きな買い物という方が多いと思います。
そのため、一生使うことをイメージしながら設計する必要があります。
ここでは、注文住宅の間取りを決めるときに注意するポイントをご紹介します。
始めにご紹介するポイントは、水回りを一緒に考えることです。
間取りを決めるときは、水回りを同時に考えることが重要です。
トイレとリビング・寝室が近いと、家族の中であっても音が聞こえて気まずくなります。
そのため、トイレの場所はできるだけ音が聞こえず来場所に配置した方が良いです。
また、トイレや風呂場、洗面台はできるだけ近い場所にまとめることが重要です。
水回りが一箇所に集まると配管設備が集中するため、工事費用やメンテナンス費用が抑えられます。
次に、家の中の風通しを考えます。
注文住宅を快適なものにするには、風通しを良くする必要があります。
室内の空気を新鮮なものに入れ替えるには、窓の配置がとても重要です。
窓を配置するときは、できるだけ1つの部屋に2つずつ設置します。
室外からの風が、反対側の窓から抜けるので風通しが良くなります。

 

□間取りを決める前に確認しておくべきこと

上記では、注文住宅の間取りを決めるときの考え方についてご紹介しました。
しかし、間取りの考え方も重要ですが、間取りを決める前の準備も必要です。
ここでは、間取りを考える前に確認しておくべきことをご紹介します。
確認しておくべき点は、周囲の環境を理解しておくことです。
注文住宅の間取りを決める前に、確認しておきたいのは周囲の環境です。
周辺に交通量の多い道路だったり、高いビルが建ったりしている場合は、間取りの考え方が変わります。
交通量の多い道路の面に寝室を配置してしまうと、騒音が睡眠の妨げになってしまいます。
また、周辺に高いビルがある場合は、日が当たらなくなる可能性もあります。
これらを確認していなかった場合、設計を始めからやり直さなければならないかもしれません。
そのため、間取りを考える前に周囲の確認をすることをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、間取りを決めるときの考え方についてご紹介しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様の住まい購入に関する悩みを全力で解決します。
注文住宅の購入をお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。