タテリノFIELD

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛の専門家が注文住宅における実際にあったウッドデッキの失敗について解説します!

愛媛の専門家が注文住宅における実際にあったウッドデッキの失敗について解説します!

2019-12-03

「注文住宅におけるウッドデッキについて気になっている」
「実際にあったウッドデッキの失敗について教えて欲しい」
このように、注文住宅におけるウッドデッキについて興味がある方が多くいらっしゃると思います。
しかし、実際にあったウッドデッキの失敗について詳しく知らないですよね。
そこで今回は、愛媛の専門家が注文住宅における実際にあったウッドデッキの失敗について解説します。

 

 

□実際にあったウッドデッキの失敗

 

*用途を考えずに設置

用途を何も考えずに、ウッドデッキを設置する場合があります。
理由としては、業者に勧められて設置してしまうことが多いからです。
また、使い道をよく思考せずに設置してしまったということもあります。
つまり、ウッドデッキの使い道をよく考えずにイメージのみで設置を行なっている場合があるのです。
短絡的にウッドデッキを設置してしまうと、大変さに気づいてウッドデッキが活用されないままで終わってしまう可能性が高いです。

 

*素材選び

ウッドデッキは、よく腐ったまま放置されていることがあります。
この場合は、素材選びを失敗した可能性が非常に高いです。
ウッドデッキの素材には、人工素材と天然木があります。
人工素材は、どのメーカーであってもあまり変わりがないです。
問題は、ウッドデッキを天然木にしたい場合です。
天然木を使うと、腐ることはありません。
なぜなら、ハードウッドと呼ばれる素材を用いているからです。
ホームセンターでよく見る安い木や防腐剤が入っているだけのものは、すぐに腐ってしまいます。
天然木を使いたい場合は「ウリン」「イタウバ」といった東南アジア原産のハードウッドを選択しましょう。

 

*計画を立てていない

ウッドデッキを設置することによって生活が豊かになるでしょう。
しかし、深く考えずに設置してしまうと、後で後悔してしまう可能性が高いです。
そのため、設置の際は慎重に検討するようにしましょう。

 

*高温になってしまう

ウッドデッキは、タイルデッキと比べて熱を溜め込みやすいです。
そのため、真夏の季節は高温になってしまいます。

 

 

□まとめ

今回は、愛媛の専門家が注文住宅における実際にあったウッドデッキの失敗について解説しました。
この記事を参照して、ウッドデッキの設置を慎重に考えましょう。
当社では、注文住宅に関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望をお伺いし、最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社までお電話でお気軽にお問い合わせください。

Copyright © 愛媛県西条市の注文住宅 | タテリノFIELD All rights Reserved.