タテリノFIELD

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > ZEH住宅の特徴である断熱性能について、西条市の注文住宅業者が解説

ZEH住宅の特徴である断熱性能について、西条市の注文住宅業者が解説

2019-02-07

「ZEH住宅は色々と工夫がされているけれど、断熱性能はどうなのだろう?」
最近ZEHという言葉がよく出てくるようになりましたね。
ZEHとは、住宅における見かけの消費量がゼロ以下になるように工夫が凝らされた住宅のことです。
その特徴の一つに断熱性能の向上が挙げられます。
今回は、ZEH住宅の特徴である断熱性能に関してお話いたします。

 

□ZEH住宅における断熱性能

断熱性能を示す値として設けられているのは、Ua値と呼ばれる外皮平均熱貫流率と、暑い季節に外部から自宅に取り込む熱量を表した冷房期日射熱取得率の二種類です。
住宅から外部へと流出する外皮平均熱貫流率や冷房期日射熱取得率をなるべく下げるように断熱材が取り入れられていたり、強化外皮基準を満たす外皮が使われています。
これらのよって、住宅の内外による熱の移動が起こりにくいつくりになっています。

 

□断熱性能が高いことによるZEH住宅のメリット

そんな断熱性能が高いZEH住宅には、いくつものメリットがあります。

*身体に優しい住まい空間になる

住宅において様々な事故が起こっていることをご存知でしょうか?
思い浮かべやすいのは転倒や転落などによる怪我ですが、室温の変化による事故も少なからず発生しているのです。
特に冬なのですが、部屋ごとに温度が違うことによってある部屋から別の部屋に移動した時、その急激な環境変化が原因となって身体の各部に異常をきたすことがあります。
ZEH住宅においてはその断熱性の高さから、部屋ごとに温度差が激しいということが起こりにくく、身体に負担をかけず快適で健康的な暮らしを送る空間を実現することが可能になるのです。

*光熱費の削減につながる

ZEH住宅は断熱性が高いことで失われるエネルギーが少ないため、必要となる電気代が従来よりも少なくなります。

*環境にも配慮した住宅に

断熱性が高いことによって室内と外部における熱の移動が起こりにくくなっています。
それによって、これまで必要であった室温を維持するための空調設備の稼働を抑えることができるのです。
住宅においてはエネルギーの消費が多く、その供給エネルギーの大多数は地球に影響を及ぼす恐れのある化石燃料や原子力から作られています。
熱効率を高めることは、環境に負荷をかけないことに繋がります。

 

□最後に

今回は、ZEH住宅の特徴である断熱性能を取り上げ、どのようなメリットがあるのかということについてご紹介いたしました。
ZEH住宅には他にも補助金が受けられたり資産価値が高くなったりするといったメリットが挙げられます。
住宅を建てられる際には、ZEHの基準を満たした住宅を検討されることをおすすめいたします。

Copyright © 愛媛県西条市の注文住宅 | タテリノFIELD All rights Reserved.