タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 愛媛で家を建てたい!共働きを考えた注文住宅の間取りとは?

愛媛で家を建てたい!共働きを考えた注文住宅の間取りとは?

2020-02-22

「共働きを考えた間取りはどのようなものか知りたい」
このように、共働きで注文住宅を建てたときの間取りを知りたい方がいらっしゃると思います。
共働きの場合にどのような間取りが過ごしやすいのか気になりますよね。
そこで今回は、共働きを考えた注文住宅の間取りとはどのようなものか愛媛の注文住宅業者がご紹介します。

 

□共働きの夫婦におすすめできる間取りの考え方とは

共働きの場合は、どちらかが家で家事に専念できません。
そのため、必然的に家事をする方の負担がどうしても大きくなってしまいます。
さらに、家事をするのに効率の悪い間取りの場合は、さらに負担が大きいです。
そのため、新しく住まいを建てる場合は、家事のしやすさを考えた間取りにすることが重要です。
ここでは、家事をしやすい間取りをご紹介します。
ここでおすすめするのは、家事の効果が良くなる間取りです。
共働きの場合は、家族全員で家事をすることが多いようです。
そのため、洗濯をするときや料理をするときのキッチンの動線などが、狭かったり、複雑だったりすると効率がとても悪くなり、ストレスが溜まってしまいます。
このような状態にならないためには、普段の家事を考えた動線を作る必要があります。
例えば、洗濯物を干すときに二階のベランダへ干しに行くのはとても労力を消費し、階段での渋滞を引き起こす可能性もあります。
しかし、一般的に一階に設置されている洗濯機置場や浴室を二階に設置することで、洗濯物を出すところから洗って干すまでを簡単に済ませることが可能です。
このように、家事を効率よくできる間取りにすると、日頃の家事によるストレスを軽減できます。

 

□共働きの夫婦に人気の間取りとは

間取りを考えるときは、実際に住んでいるときのイメージをすることが大切です。
しかし、間取りを考えると言っても、どのようなものにすれば良いのかイメージしずらい方が多いと思います。
そこで、ここでは共働きの夫婦にはどのような間取りが人気なのかをご紹介します。
共働きの夫婦に人気の高い間取りは、アイランドキッチンや畳の部屋、室内の物干し部屋などです。
これらに共通して言えるのは、家事が効率良くこなせる点です。
アイランドキッチンの場合は、どの方向からもキッチンに入れるので、料理の効率が上がります。
室内の物干し部屋も、室内で洗濯物を干せるので、洗濯にかかる労力を軽減できます。
畳の部屋に関しては、畳の持っている癒し効果が人気の要因だと考えられます。

 

□まとめ

今回は、共働きを考えた注文住宅の間取りとはどのようなものかご紹介しました。
共働きの夫婦が暮らしやすい間取りは、家事にかかる負担をできるだけ軽減した間取りにすることをおすすめします。
夫婦ともに仕事をしているので、家ではできるだけくつろげる時間を増やすような間取りを、設計段階に考えることが重要です。