タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > どのくらい必要なの?住宅購入にかかる初期費用をご紹介!

どのくらい必要なの?住宅購入にかかる初期費用をご紹介!

2018-01-18

家を買うときには、物件の価格以外にも税金やローンといった様々な費用がかかります。

そんなときに安易に物件価格だけを見て購入すると後悔してしまうでしょう。

家を買うときには、物件の価格以外にも税金やローンといった様々な費用がかかります。

そんなときに安易に物件価格だけを見て購入すると後悔してしまうでしょう。

家を購入した後にもローンや固定資産税がかかりますが、購入をご検討されている方はまず「初期費用がどの程度必要か」が気になると思います。

今回は、家の購入を決めたときに「初期費用はどのくらいかかるのか」「何に費用がかかるのか」ということについてご紹介したいと思います。

【頭金】

家を購入するときには「頭金」というものを用意します。頭金とは、契約時に「現金で用意する一定額のお金」のことです。

ここ最近は、頭金なしで住宅を購入してローンを組むことができますが、頭金がないので住宅ローンは大きくなり、月々に支払う額は高くなります。

一般的に頭金は物件の値段の約2割とされていますが、家の値段はかなり高額なのであくまでも可能であれば用意したい金額であると考えておくと良いと思います。

【税金】

不動産購入の際は、税金が各段階で課されます。

購入代金の一部に組み込まれている費用もありますが、印紙税や不動産取得税など物件の費用とは別で費用がかかることを考慮しておきましょう。

【ローンを借り入れるための費用】

金額は各金融機関によって費用は異なりますが、ローンを借りるときに「融資手数料」「団体信用生命保険特約料」「ローン保証料」、さらに「火災保険料」「地震保険」といった費用がかかります。

【その他の諸経費】

① 水道負担金新しく水道を利用する際に必要になります。

しかし水道負担金が必要かどうかや金額も各自治体によって異なります。

② 引越しでかかる費用今住んでいる場所から新しい住まいに移住するのにかかる費用です。

どこに引っ越すのか、どういう手段を用いるかによって費用に差があります。

③ インテリアの費用新しい住宅に住むことで新たにインテリアを購入したり、古くなったものを買い直したりするのに費用がかかります。

【大体の費用の目安】

頭金や物件以外の費用はどのくらいでしょうか。

前述したように頭金は大体物件費用の2割程度です。

税金やその他の諸経費はおよそ物件価格の6%〜13%程度かかると言われています。

 

以上のように、家を購入しようと思ったら初期費用で大きな金額の準備が必要になります。

金額は頭金を抜いたとしても一般的に100万円以上かかるといわれています。

これから物件購入を考えている方は、初期費用として「頭金」や「税金」、その他「諸経費」が大体いくらになるのかを頭に入れて、どれくらいの貯蓄が必要かしっかりと把握してしておきましょう。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.