タテリノFIELD 愛媛

(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)で注文住宅 | タテリノFIELD 愛媛

HOME > 家づくりコラム > 地震や液状化にめちゃくちゃ強いスーパージオ工法をお勧めします!

地震や液状化にめちゃくちゃ強いスーパージオ工法をお勧めします!

2020-10-05
先日もコラムでお伝えしました
災害が多い時代に突入しています なので今回も
何事も 基礎が大切ですという お話です
しっかりとした 地盤・土台の上にかっこいい建築を行う
あたり前と言えば 当たり前なんですが いわゆる地味なところですので
関心があまり向かない というのが現状のところです
断熱や機密などは結構 気になるお客様が多い中
地盤・基礎は気になってない人おおいです
地盤は 強い弱いが土地ごとで違いますので
しっかりと 考えないと 建物は後から補強ができますが
地盤基礎は 建物の下にありますので 建物を解体するかその他大がかりな
工事が必要になりますので 新しく建てる家から 対策を取っておく必要があります
タテリノFIELDは 地盤や基礎もかっこいいんです!!
 

スーパージオ®工法(SG工法)は軟弱地盤の地盤改良工法として開発されました。
基礎下での地震波の入力を軽減して被害を最小限に防ぎ、大切な家族と住まいを守ります。

  • 液状化時の安定化対策として

  • 地盤調査で地盤改良が必要と求められたすべての工法に対して

  • 杭打機・地盤改良機などの大きな重機が入らない狭小地など

  • 崖地・切盛土の異種造成地

  • 返還時に埋設物のトラブルを避けたいため、杭を打ちたくない

  • 早期造成盛土嵩上げ対策として

  • 埋没文化財などで採掘制限がある土地

  • ガラ・基礎の残りなどの障害物や腐植土など不安定な土質等

  • 地下水位の高い地域

  • 大型車の振動や鉄道の沿線で定期的に振動がある

軟弱地盤対策

スーパージオ®工法は、建物の重量と同等の地盤を取り除き、かわりにスーパージオ®材を敷き詰めて
地盤を軽くし、建物の支持力を確保する置換工法です。また地震時に発生した過剰間隔水を
一時的に保水することで、液状化対策としても効果を発揮します。

液状化対策

地震等で地下深くにある砂粒が水部分と砂部分に分裂し、液体状になることを「液状化」と言います。
特に東日本大震災以降、地表に液状化した砂・水が噴き出す事が問題視されています。
地震時、スーパージオ®材の中に水だけを一時的に取り入れて、地表への噴出を防止します。
地表がおさまると土は安定状態に戻ろうと働くため、スーパージオ®材内の水は土中に戻り、通常に戻り安定します。
液状化が起きた時にも、地盤の安定性を保ちます。

  • 通常時は砂粒が互いにくっつき合い、その間に水がある状態で安定している。地震時は大きな振動により、地中の砂粒同士がバラバラに。
  • スーパージオ®工法なら、スーパージオ®材の中に水だけを一時的に取り入れて地表への噴出を防止。

地震対策(免震)

  • 地震の揺れが建物へと直に伝わってしまうため、建物が倒壊する恐れがある。
  • スーパージオ®材が緩衝材のように働き、激しい地震の動きを優しい揺れに変える。

スーパージオ®工法の実験の様子を動画でチェック!

スーパージオ®工法の地盤保証システム

従来の地震改良工法では免責のみですが、スーパージオ®工法の場合は建物はもちろん、
身体・財物まで保証された工法となります。大手損害補償会社との契約による安心の保証です。

  • スーパージオ工法の地盤保証システムは、地震による火災・津波被害に関して保険対象外となりますので
    一般地震保険にもご加入をお勧めします。

保証の対象となるもの

  • 建物
  • 身体
  • 財物
  • 休業

建物に損傷が起きた場合の保証の流れ