タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 西条市の注文住宅業者が解説、ZEH住宅の耐震性について

西条市の注文住宅業者が解説、ZEH住宅の耐震性について

2019-04-04

「新しい家を建てるなら、耐震性の高い安全な住宅にしたい。
ZEHはランニングコストが良いと最近よく聞くけれども、耐震性はどうなのだろう?」
地震の報道を知るたびに、住宅の耐震性を高めることの大切さを感じますよね。
そこで今回は、ZEHがどのように耐震性と関わっているのか、地震が起こった際の強みも含めてご紹介いたします。

 

□ZEH住宅は耐震性に優れているのか

端的に説明すると、ZEH住宅そのものが耐震性に優れているというわけではありません。
ZEH住宅はネット・ゼロ・エネルギーハウスの略語であり、建物における見かけのエネルギーがゼロになっている住宅のことを指します。
具体的には、効率の良い設備を導入し気密性を上げて熱の流出を避けるという工夫があります。
ただそれだけでは消費していることに変わりはありませんので、自家発電設備を取り入れることによって消費した分を賄っいるのです。
ZEH住宅の要件はエネルギーの点のみですから、ZEHだからといって耐震性が高いとは限らないのです。
しかし、重心を低くして揺れにくい構造にする、断熱性の高い壁を厚くして熱の流出を避けながら揺れに強いつくりにするといった方法などで耐震性と両立することは可能でしょう。

 

□万一の時に心強い性質とは?

実際に地震に見舞われたときには倒壊以外の面でも影響を受けるものです。
その際にZEHならではが発揮する強みについてお話しいたします。

 

*自家発電を行える

ZEH住宅に備えられている発電システムは、仮に何らかのトラブルが起こって電気の供給が停止しても自ら発電することによって電力を供給します。
特に夜の地震で停電が起こると暗闇になって混乱してしまうかもしれません。
そこでも蓄えてある電気を使うことが可能であるため、少しばかりは明かりを利用できるでしょう。
直後の不安な状況で電気が得られるのは大きな心の支えになります。

 

*温度をなるべく一定に保つ家づくり

地震の衝撃によって空調設備などが使えなくなることも否定できません。
その際に断熱性があることで、室温が急激に変化することを避けられます。
特に冬場は空調がないと厳しいものですが、その寒さを感じるのが遅れることで、初期段階での身体へのストレスも大幅に和らげることにつながるのです。

 

□最後に

今回は、ZEHがどのように耐震性と関わっているのか、地震が起こった際の強みも含めてご紹介いたしました。
耐震性そのものに関連はないものの、非常時にも役に立つ性質を備えているということを押さえておくと良いでしょう。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.