タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 注文住宅のZEHで費用はどうなる?ローン、資金計画をご紹介

注文住宅のZEHで費用はどうなる?ローン、資金計画をご紹介

2019-03-18

ZEH注文住宅の購入をお考えですか?
注文住宅は建売の住宅と違い、自分の理想に近い住宅を実現できることから人気ですよね。
そんな注文住宅ですが、建売の住宅よりも費用が高くなることが一般的です。
注文住宅でさらにZEHともなるとやはり気になるのはその費用ではないでしょうか?
そこでこの記事では注文住宅の費用はどれくらいなのか、またそのための資金計画としてローンについてご紹介したいと思います。

□建設にかかる費用はどれくらい?

エネルギーの自給自足を目指すZEHでは一般的な住宅には備えられていない設備が搭載されるので多くの費用がかかりそうと考える方も多いようです。
実際にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?
参考までに大手のハウスメーカーの費用をご紹介すると平均的な35坪前後の住宅で2000万円から2500万円ほどです。
これはZEHではない住宅に比べて500万円ほど余分に費用がかかると考えておくと良いでしょう。

□ZEHの資金計画

ZEHにした時の大体の費用についてはお分かりいただけたかと思います。
一般的な住宅よりも高くなるZEHはどのような資金計画が必要になるのでしょうか?

*ZEHには補助金がある?

ZEHの住宅には補助金があります。
各種の申請を行うと一定の補助金を受け取ることが可能です。
補助金の額は、毎年異なり、各地方自治体によっても変わりますので、ご自分が建築予定の地域の補助金はどれくらいかを調べておきましょう。

*ローンの定番「フラット35S」

住宅ローンの定番であるフラット35ですが、条件を満たすとフラット35Sというプランがあります。
これを利用すると、借り入れを開始した時期から5年もしくは10年間の当初金利を減らすことが可能であり、利息を軽減することができます。
フラット35SはZEHだからといって必ず受けることが可能な制度ではありませんが、ZEHにすると比較的条件を満たすことが容易になりますので、設計の段階から建築会社に相談しておくと良いでしょう。

□まとめ

この記事では注文住宅でZEHをお考えの方に向けて、どれくらいの費用がかかるのか、またその補助金、資金計画をご紹介しました。
ZEHは一般的な住宅に比べると初期費用がかかりますが、その分メリットも多いです。
資金面でお悩みの方は今回ご紹介したことを参考にして、どれくらいの資金が必要なのか、またそれをどのように支払うのか資金計画を考えてみてはいかがでしょうか?
注文住宅についてのご相談、お悩み等ございましたらぜひお気軽に私たちにご相談くださいね。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.