タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 長期優良住宅を建てる際に必要な資金計画について、西条市の注文住宅業者が解説

長期優良住宅を建てる際に必要な資金計画について、西条市の注文住宅業者が解説

2019-01-22

「長期優良住宅を建てようと思うのだけれど、費用の面が心配だな。対策としてできることはないだろうか?」
注文住宅や長期優良住宅を建てる際には多額の料金が必要になるので、資金繰りはしっかりと確かめておきたいものですよね。
そこで今回は、そういった住宅を建設する上で必要となってくる資金計画についてご紹介いたします。

 

□資金計画における流れや知っておきたいこと

最近では住宅建設に必要な費用のほぼ全てをローンで支払うことができるので、住宅を手に入れやすくなったのは事実です。
しかし、何も考えずに購入してしまうと後々に生活が大変になります。
そこで住宅を建てる際には確実に返せるような資金計画が必要です。
その資金計画の流れとその際に押さえておきたいポイントをお話いたします。

*住宅建設に使用できる自己資金を把握する

最初に行うのが自己資金の把握です。
ご自身で用意できるもの、親族の方から贈与を受けるものを合わせて、どのくらいであれば使用できるかを調べてみましょう。
その際に一部は生活のために残しておくことと、贈与にあたっての税金がかかる可能性があることは押さえておく必要があります。

*住宅を建てる際に必要な費用を算出する

住宅を建設するにあたっての費用を見積もるまでに、どのようなプランにするのかということを予め固めておかなくてはなりません。
また、ここでの費用は正確というわけではありませんので、参考情報としてとらえておくのが良いでしょう。

*利用するローンを探して選択する

使用できる自己資金が必要な費用を下回っていた場合には、ローンを申請することになります。
ローンの種類は返済期間・金利・返済方法などによって様々ですが、よく採用されているのはフラット35という35年間一定額を継続して返済するプランです。
ご自身の希望や生活を考慮して適切なものを選びましょう。

*支払いや返済の計画を立てる

ローンが決まれば、支払いや返済の計画を立てる段階に移ります。
工事や税金として支払わなければならない費用は数多くあるため、どのタイミングで支払うのか、その際に必要なローンの金額を押さえておくことが必要です。
また返済にあたっては、生活に支障がなく余裕で返済ができるような計画を立てる必要があります。

 

□最後に

今回は、注文住宅や長期優良住宅を建設する上で必要となってくる資金計画について、どのような流れで進めるのかという流れや注意点をご紹介いたしました。
どの過程も大切ですので、着実に進めて安心して建設ができるように準備していきましょう。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.