タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 長期優良住宅を建てるときの資金計画のポイントとは|西条市で注文住宅をお考えの方へ

長期優良住宅を建てるときの資金計画のポイントとは|西条市で注文住宅をお考えの方へ

2018-09-07

「長期優良住宅を建てようかな」
「でも、資金計画はどうしよう‥」

このようなお悩みをお持ちではありませんか。
今回は、長期優良住宅を建てようとお考えの方のために、住宅ローンなど資金計画のポイントについてご紹介します。

 

■長期優良住宅の補助金を活用しよう
長期優良住宅は現在、国が推進しているため、補助金が適用されます。
住宅ローンと不動産取得税に関しては、一般の住宅よりも控除率が高くなります。
固定資産税が減額される期間も長く、さまざまな面において長期優良住宅は支援されていることがわかります。

また、ローン返済にフラット35を利用する場合、長期優良住宅は一般の住宅より金利が安くなります。
このような、長期優良住宅を支援するさまざまな補助金を活用し、できるだけ安くする工夫をしましょう。
また、新築それ自体にも自治体によっては補助金が交付されることもあります。さまざまな制度をフルに活用することができるでしょう。

ですが、数年前に国による太陽光発電の補助金が打ち切られたように、その普及率によって補助金は打ち切られる可能性があります。その分導入コストが下がるかもしれませんが、確実とは言えません。しっかり確認しておきましょう。

 

■長期優良住宅には維持保全計画も求められている
長期優良住宅が長期優良住宅足り得る条件のひとつには、維持保全計画が立てられていることが挙げられます。
そのため、メンテナンスのための資金も確実に用意できるように資金計画を立てなければいけないということがポイントです。

 

■基本的な考え方は通常の住宅と同じ
とはいえ、家を買うという点において、基本的なローンなどについての考え方は、一般の住宅と同じです。
自分の収入に対して無理のない計画を立て、万が一のことにも備えましょう。

インターネットで返済計画についてシュミレーションできるツールもありますし、見通しを立てることは十分可能です。
家族や金融関係の専門家と十分に相談して見通しを立てて、納得のいく選択をしてくださいね。

 

■まとめ
資金面においてお悩みで、長期優良住宅を建てるかどうか迷っていらっしゃる方も多いかもしれません。
ですが現在、行政は長期優良住宅の施工を推進しています。
補助金をもらうことができ、金利も比較的安い今のうちに、長期優良住宅を建てることを検討してみてはいかがでしょうか。

長期優良住宅は、その名の通りいい家を建ててずっと使っていこうという旨の家なので、子供の代まで安心して過ごすことができるはずですよ。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.