タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > ZEHの断熱性能とは?|西条市で注文住宅を建てる方へ

ZEHの断熱性能とは?|西条市で注文住宅を建てる方へ

2018-08-22

地球にも優しく、過ごしやすい住まいであるZEH住宅。
省エネルギー・創エネルギー、そして高い断熱性能によりZEH住宅は成っています。

今回は、その中の断熱性能についてご紹介します。

 

■住宅における「断熱」とは
そもそも、住宅における断熱性能とはどのようなものを指すのでしょうか。
断熱性能とは、夏は暑さを家に入れず、冬は寒さを外に逃がす、過ごしやすい家の一要素です。

ZEH住宅の条件の一つは高断熱です。
高断熱のために、ZEH住宅はさまざまな工夫がなされています。
今回はそれらについてご紹介します。

 

■高断熱のために素材はどのようなものが使われているのか
高断熱のためには、室内から外へ逃げるエネルギーを減らすことが重要です。
そのために、断熱材は空気を閉じ込めることができるものが使用されています。また、各ハウスメーカーからZEH対応の断熱材も提供されています。

断熱性能を数値化したものが、Q値・K値・C値です。

Q値‥外に逃げ出す熱を数値化し、延床面積で割った数値。低いほうが断熱性能が高い。
K値‥外壁や天井などの部分における熱の伝え方を数値化したもの。部材の厚さ・熱伝導率・熱抵抗値などから算出したもの。数値が低いほうが断熱性能が高い。
C値‥建物の気密性を表す、隙間相当面積。数値が低いほど断熱性能が高い。

断熱性能について確認したい際は、これらの数値を参考にするのもよいでしょう。
ですが、過ごしやすい値については住んでいる地域によっても差があります。

 

■高断熱のための設備的工夫
また、ZEH住宅は高断熱のために設備的な工夫もなされています。
エコガラスや断熱サッシにより、断熱性能を高めることや、建物全体に風通しをよくすること、夏の日差しを遮るために軒の出が大きくされていることもあります。

地域の気候により内容に差ははありますが、過ごしやすい住まいのためにさまざまな設備が施されていることでしょう。

 

■まとめ
ZEH住宅の高い断熱性能、それゆえの過ごしやすさの理由をおわかりいただけたでしょうか。

ZEH住宅の高い断熱性能のために、エアコンなどでの電力消費も少なくすみます。
そのため、結果的に省エネルギーにもつながっていくのです。

加えて、経済産業省はZEH住宅の導入を推進しており、さまざまな補助金、減税があります。
ゆくゆくは、住宅のスタンダードはZEH住宅になっていくでしょう。

これから家を建てることを考えている方は、ぜひZEH住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.