タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 資金計画の立て方って?主な流れを紹介します

資金計画の立て方って?主な流れを紹介します

2018-07-13

いつかはマイホームを購入したいと考えている方も多くいるでしょう。

もしもいつかは購入したいと考えているのであれば、先のことだと思うのではなく今から計画を立てることも大切です。

当たり前のことですが、実際に家を購入するとなるとお金がかかります。

早い段階から資金計画を立てておくことで、家を買いたいと思った時期に必要な金額を確保しやすくなるのです。

では実際に資金計画の立て方の流れとしては、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

 

計画の立て方におけるポイントの1つが、家を買いたい時期を踏まえて検討するという点です。

例えば5年後に家を買いたいというのであれば、5年間でどのくらいの額を貯金したいのかという目標を立てることが可能です。5年間で300万円を貯めるとしたら、1ヶ月あたり5万円ずつ貯金をすることになります。

このような具体的な目標を作ることで、無理なく購入資金を貯めることにつながります。

金利が安いなどの理由で、現在は貯金が少なくても今すぐに家を買いたいと考えている方もいるでしょう。

頭金として利用できる貯金がない方であったとしても、住宅ローンで借りる金額を増やすことによって家を買うことは可能です。

住宅ローンを利用して家を買うときに忘れてはいけないポイントが、ローンの返済を含めた資金計画を作るという点です。

 

実際に住宅ローンについて考えていく場合、専門家に相談へ行くことも忘れてはいけません。

現在の収入状況などに応じて、住宅ローンを組んで借りられる額には違いが出てきます。

借りられる額を踏まえたうえでどのような家を購入するのか決められるようにするためにも、自分が借りられる額を最初に把握しておくことが大切です。

金融機関などに行って相談するのが面倒だという場合でも、メールやチャット機能などを利用して気軽に相談できる機会も増えています。

最初は気軽な形で相談をしてみて詳しく知りたい情報があったら金融機関へ出向くというのも1つの手です。

 

また資金計画を立てる場合に注意しなければならないのが、生活に必要なお金は家を購入する分の費用だけではないという点です。

例えば子供がいる家庭であれば、学校や習い事をさせるためのお金が必要です。

そのような費用を支払うことも考えたうえで、どのくらいの金額ならば無理なく家のために支払うことができるのかという点を踏まえたうえで計画を立てるようにしましょう。

同じように家を買う場合であっても、それぞれの家庭で状況には違いが見られます。

だからこそ資金計画を立てる場合には、家庭ごとの事情を考慮することが必要不可欠です。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.