タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 注文住宅の際の資金計画が不安|相談できるタイミングについてご紹介

注文住宅の際の資金計画が不安|相談できるタイミングについてご紹介

2018-05-06

新築で注文住宅を建てる場合、家のデザインやレイアウト工法などで頭が一杯になってしまうかもしれませんが、信金計画をおろそかにすると将来的に支払いが苦しくなることもありますのでしっかりと取り組むことが大切です。

注文住宅の建設では、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになりますが、月々の返済をできるだけ軽くするには当たり前ではありますが、自己資金をできる限り多く準備することが重要です。そして融資先ですが、銀行や信用金庫が一般的でそれらの金融機関を通じて住宅金融支援機構の支援を受けることもできます。

住宅建築を請け負う工務店や建築会社が資金計画の相談に応じてくれることもあり、早めのタイミングで確認しておくといいでしょう。

工務店などが資金計画に対応していない場合は、金融機関に直接融資の相談をします。

住宅ローンを組む際の金利は、この先払い続ける月々の返済額に大きく影響しますので、この際に基本的な知識を吸収しておくべきです。

住宅ローンの金利は大きく分けて「変動型」「全期間固定型」「固定金利選択型」の3タイプがあります。

変動型は文字通り市中金利の動向によって上下するタイプで、他の2つのタイプに比べ金利は低い傾向が見られます。

ただし、将来市中金利が急激に上昇すると支払いが大きく膨らむリスクがあります。全期間固定型は毎月の返済額が最後まで変わらないタイプで、将来設計がしやすいのがメリットです。

ただし変動金利型に比べると金利は高めです。固定金利選択型は借り入れ当初から3年、5年、10年など一定期間の金利が固定され、その後は変動金利型にするか固定金利選択型を続けるか選べます。

一般的に借入額が大きく、返済期間が長い場合は全期間固定型、借入額が少なく返済期間の短い場合は変動金利型が適していると言われています。

固定金利選択型は、変動金利と全期間固定の中間的なタイプです。近年は格安の金利で住宅ローンが組める銀行がネットを中心に増えており、低金利合戦が繰り広げられていますので、各銀行の金利を比較して有利な金利のところを選びましょう。

住宅ローンについてはこのほか「元金均等返済」または「元利金等返済」のどちらかを選びます。元金均等返済は毎月の返済額のうち元金部分が一定のタイプで、返済が進むにつれて返済額が少なくなります。

一方、元利金等返済は毎月の返済額が一定で、返済計画が立てやすいメリットがあります。

いずれにしても、住宅は一生のうちで最も高い買い物といわれていますので、ご家族の家計事情や生活設計をよく考えながら最適な金融機関を選び、無理のない住宅ローンを組みましょう。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.