タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 住宅ローンを組むときは資金計画を立てよう‼

住宅ローンを組むときは資金計画を立てよう‼

2018-04-24

自宅の購入をお考えの際には、みなさんは資金計画がしっかりと立てられていますか。
住宅は費用が大きい買い物なので、計画的な購入が必要となってきます。

そのため、住宅の購入にはしっかりと資金計画を立てることが必要となってきます。
この記事では、住宅の購入のための資金計画を考える時のポイントについて紹介したいと思います。

◆住宅の資金計画とは一体何?
住宅の購入かかる費用の資金繰りの計画のことです。

多くの方が住宅を購入する際には住宅ローンを利用してお金を借りられるケースがほとんどです。

この住宅ローンの期間や返済額をうまく考えておかないと支払いがとても厳しくなって、結果的に支払えないということにもなってしまいます。

そのために無理のない計画を最初から立てておけば、住宅購入後の生活を安心して暮らしていけるようになるということです。

◆まずは資金計画を立てるためには…
住宅の資金計画を考える際に、最初に必要となるのが、自分の持っている資金の洗い出しです。

住宅はとても高額な費用が購入にはかかるので、最初に費用の一部(頭金)を自分の資金で支払い、残りの費用は住宅ローンを組んでお金を借りて支払うことになります。

一般的に頭金の割合を多くして、住宅の総工事費用の25%以上は準備しておく方がいいと言われています。

しかし、貯金をギリギリまで削って準備するのも危険です。

住宅の購入後の生活に影響がでてしまっては元も子もありませんので、急な出費も想定しながら余裕を残しつつ、頭金としていくら捻出できるかを計算してみましょう。

◆住宅ローンを組む際には自分にあった金利を
住宅ローンには「変動型」「固定期間選択型」「全期間固定型」の3つの種類があります。

金利が低いのが「変動型」や「固定期間選択型」です。
しかし、これらは返済中に金利が変わるので、資金計画以上に費用が必要になることもあります。

「全期間固定型」は逆に金利が変動することはありませんが、金利が低くなっても返済額が減ることもありません。

◆ここまでのまとめ
資金計画を立てる際は、大きな買い物であるからこそ、細かい諸経費までどのくらいの費用がかかるのかを知り、危機に備えておくことで、購入後の生活を安心して暮らすためにもしっかりと計画しましょう。

しっかりと準備しておけば、きっと満足できる生活を過ごすことができると思います。

わからないことがあればお気軽にご相談、ご相談ください‼

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.