タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 将来を見据えた資金計画が成功につながる

将来を見据えた資金計画が成功につながる

2018-04-28

人生の中でも大きな買い物となるのが住宅の購入です。
そのため、おしゃれな内装や外装、間取りのことばかり考えてしまいがちですよね。

しかし、大きな買い物であるからこそみなさん「失敗したくない」ともお考えだと思います。

そのためにはまず、資金計画がしっかりと立てられていることが重要です。

ここでは、新築を建てる際に考えておきたい資金計画についてお話ししていきます。

◆資金計画がなぜ重要なのか?
住宅を購入するにあたって準備しておくことや考えておくべきことはたくさんあります。
その中で、資金計画は今後のライフプランにも関わってきます。

資金計画では、住宅の購入に必要となる資金を明確に決定し、どの時期までにどの程度のお金を貯金しなければならないのかなど具体的なビジョンを描くことになります。

また、資金計画がしっかりと定まっていないと後になって予算が足りないということになります。

◆自分に合った資金計画を考えましょう
資金計画で大切なのは、将来の状況をしっかりと考えることです。

例えば、出産によって家族が増えることです。
夫婦共働きであったとしても子供を産むに至って育児休暇やそのまま退社することになる可能性があります。
そうなってくると計画通りに貯金がたまらなくなってしまいます。

もちろん、将来を完璧に考えることはできませんが、将来何が起きるかわからないということでゆとりのある計画を立てるようにしましょう。

 

◆資金計画をうまく立てるためには
しっかりと資金計画を立てたつもりでも、思わぬできごとで予定よりも費用が掛かり、予算が必要になってしまうことがあります。
そのために資金計画を立てる時にできる工夫を紹介します。

 

〇頭金を増やすことでローンを減らす
住宅の購入には大きく分けて、一般的に現金で支払う頭金とお金を借りて支払う住宅ローンの2つを組み合わせて購入します。

その頭金を増やすことで、毎月の住宅ローンの支払額を減額する方法です。

借りるお金を少なくすることで、毎月の支払額を減らすことは、急な出費にも対応しやすくなります。

お子さんをお持ちの方であれば、私立への入学、海外への留学といったお金がかかる可能性も多いのでおすすめです。

また、旅行や自分の趣味にお金を使いたいという方にもおすすめです。

◆ここまでのまとめ
資金計画を立てる際は、将来的に環境が変わっているかもしれないことを十分に考える必要があります。

しっかりと準備しておけば、きっと満足できる生活を過ごすことができると思います。

しっかりとした資金計画を建てて理想の家を手に入れましょう。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.