タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 住宅を購入する際に、土地を選ぶときの4つのポイントとは?

住宅を購入する際に、土地を選ぶときの4つのポイントとは?

2018-02-23

こんにちは、株式会社藤田組です。
住宅やマンションを買う時や、住宅を建てる時、土地選びってとても大切ですよね。

いざ土地を探すことになった場合、多くの方はまずいろいろと土地に関する情報を集めようとすると思います。

そしてそれ以上に大事なことが、自分たち家族の新しい生活を具体的にイメージし、土地に求める希望条件を整理するということです。

みなさんはどのようにして、土地を選ばれていますか?

明確な基準がある方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は土地の選び方に焦点を当ててご紹介していきます。

・土地を決めるポイントその1

エリアの特徴を知ることが大切です。

もともとある住宅街や、その近くで売り出されている土地と、新たに宅地造成されたタウンにある土地では、街の雰囲気に違いがあります。

エリアによっては、開発から年月がたったニュータウンなど住民に高齢者の多いところ、商業施設や病院などが充実しているところなどさまざまな場所があります。

新たにつくられたタウンの場合は、計画的に配置された美しい街並みが特徴であるなど、商業施設や飲食店が豊富な場所は若い世代が集まります。

希望するエリアでは、どんな住環境が得られるかをまずは調べてみましょう。

・土地を決めるポイントその2

通勤や通学の利便性を調べることです。

公共交通機関やバスなどの便利さがどのような感じか調べておきましょう。

通勤や通学、買い物に出るときに使う駅までは、徒歩でどれくらいかかるか、始発と終電は何時か、自宅から駅までバス便利用なら運行本数は十分なのか等、細かく調べておきましょう。

・土地を決めるポイントその3

隣地の状況や境界線を調べておきましょう。

隣地にはどんな建物が建っているか、その建物の用途は何か、駐車場だけど何らかの建設予定はあるのか、隣地から越境しているもの(屋根や木など)はないか、塀やフェンスなどの仕切りの所有者はだれか、境界ははっきりしているか、などを確認します。

・土地を決めるポイントその4

家の前に道路はあるか、道路に2m以上接しているか、 幅員は4m以上あるか、これらは最低限の確認事項です。

そして公道なのか、私道なのかということも重要です。特に私道のであれば要注意です。そして、都市計画道路の有無も確認しましょう。

なぜなら、道路計画が実行された場合、立ち退かなければならないことがあるからです。事前に調べておきしょう。

今回は4つのポイントをご紹介させていただきました。参考になれば幸いです。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.