タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 住宅購入時に発生する仲介手数料についてご紹介!

住宅購入時に発生する仲介手数料についてご紹介!

2018-01-14

「家を購入したい!」「家を購入したい!」と考えたとき、何にどのくらいお金がかかるのかを知ることが重要になってきます。

住宅購入には物件価格以外にも印紙税や火災保険、登録免許税と言った一見わかりにくい費用がかかってきます。

これらひとつひとつは物件の購入金額に比べれば大した金額ではないと思うかもしれません。

しかし、いくつもの諸経費が重なれば結果的に大きな金額になります。

そんな諸経費の中でひときわ大きな金額となっているのが「仲介手数料」です。

では、仲介手数料とはどのようなものであるのかについて見ていきましょう!

【仲介手数料とは?】

そもそも仲介手数料とはなんでしょうか?

仲介手数料とは不動産売買の際に不動産会社に支払う手数料のことです。

これは新築であっても中古であっても不動産の契約が成功すれば支払う必要が発生します。

【どのくらい仲介手数料はかかるの?】

仲介手数料は業者によって様々です。

しかし、それでは仲介手数料が高すぎる業者が出てくる可能性があるので法律で上限が定められています。

物件金額によって仲介手数料の上限は異なりますので大体自分が購入しようとしている物件がどの程度の仲介手数料になるのかを把握しておきましょう!

【仲介手数料が発生しない場合がある?】

一般的には家を購入する際には仲介手数料が発生します。

しかし、ある場合によってはこの仲介手数料が発生しない場合があります。

それはどんな時でしょうか?

① 不動産を売買しているのが売主である時多くの場合は不動産の仲介業者との売買によって家を購入します。

ところが売主本人が不動産の売買を行っている場合、仲介業者を介していないので手数料が発生しません。 

② 売主の代理人と取引をした場合もう一つ仲介手数料が発生しない場合があります。

それは、「売主の代理人と取引をした場合」です。

ですが、こちらは確実に仲介手数料が発生しないわけではありません。

むしろ原則的には仲介手数料が発生すると言ったほうが正しいでしょう。

つまり売主の代理人と取引をしたとき「場合によっては仲介手数料がないときもある」ということです。

 

以上のように、仲介手数料というのは仲介業者と取引する場合に発生します。

仲介手数料は上限が定められており、自分がどのくらい家に住みたいかを仲介手数料などの諸経費の視点からも見てみるとよいでしょう。

「家を購入するときには仲介手数料がどのくらいの金額がかかるのかを知る。」ここに注目して理想のマイホームを手に入れましょう!

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.