タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > タテリノがズバッ!とっ解決 マイホームの頭金はいくら必要??

タテリノがズバッ!とっ解決 マイホームの頭金はいくら必要??

2017-10-20

「自分の家を持ちたい!」「理想の住空間を実現したい!」
など、今も昔もマイホームを持つことは私たちの憧れですよね。

しかし、「お金に余裕がない」「いくら貯めれば購入に踏み切れるのだろう」
という風に、マイホームの資金計画でお悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。

そんな方に向けて、今回はマイホーム購入の最初に必要な「頭金」について、いくら必要か具体的な算出方法をご紹介します。

■頭金2,3割は本当に必要

マイホーム購入の資金繰りについての情報サイトでよく目にするのが「頭金は2,3割用意しよう」と言う言葉です。

しかし、頭金に関して金額が明確に定められている法律などは存在しません。
では、なぜこうも一律に「2割は必要だ」と言われているのでしょうか?

これは、以前までは住宅ローンを借りる際、借入の限度額が購入金額の8割までであったからです。
8割までしかお金を借りられないのだから、頭金は必ず2割は必要で、その名残が今も残っているのですね。

現在はこういった決まりはありません。
そもそも頭金を貯める目的は、「住宅ローンの返済額を抑える」ことだと言えます。
金利がかかる金額を少しでも減らし、住宅ローンが払えなくなった際に家を売りやすくするために頭金が存在するのです。

よって、究極的には住宅ローンを返済することが出来れば頭金は必要ありません。

■頭金の算出方法

では、必要な頭金はどの程度なのでしょうか?
この項目では頭金の具体的な算出方法を3STEPでご紹介します

1.ゴールを明確にする

まずは、自身が欲しい物件と土地を購入すると総額がいくら必要かを明確にしましょう。
この際、諸費用は土地相場と住宅価格を合わせたものの15%を見積もっておくと良いです。

2.支払える住宅ローンの金額を計算する

毎月住宅ローンに支払える金額を算出するために、キャッシュフロー表を作成するのがオススメです。
まず、縦軸に自身が毎月支払える金額、横軸に住宅ローンを返済する年数を5年単位で書き金利を加味して表を埋めます。
2つの数字が交わるところが、住宅ローンを借りても問題のない金額です。

3.頭金を算出する

1で計算した購入金額から2で計算した金額を差し引いたものが、貯める必要がある頭金です。
例えば、1が2,000万円、2が1,800万円だとすると、貯めなければならない金額は200万円となります。

購入金額が2,000万円に対して200万円なので、この場合頭金は1割で良いということですね。

いかがでしたか?
頭金はむやみに2割用意するのではなく、自身の欲しい住居の金額、返済できる住宅ローンに合わせて自身で算出することが大事なのですね。
住宅購入の資金繰りに対して正しい知識を身につけ、納得のいくマイホーム購入を実現しましょう。

タテリノfieldのステップアップ勉強会に一度来てください! 住宅を建築するだけではなく ローンや税金 あとでかかる費用など

詳しく伝授いたします! 知らないと後悔しますよ! さ~今すぐお問い合わせください▼

タテリノfieldCONTACT

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.