タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > タテリノfieldが徹底解説!手付金って?かかる税金は?住宅購入に必要な諸費用

タテリノfieldが徹底解説!手付金って?かかる税金は?住宅購入に必要な諸費用

2017-10-12

こんにちは!
「子供が増えてきたから」「金利が低くなってきた」
など当HPをご覧の方の中には住宅を購入予定の方も多くいらっしゃると思います。
皆さんは住宅購入に必要な費用を全て把握していらっしゃるでしょうか?
「手付金」「印紙税」など分からない言葉も多くあるかと思います。
今回は、住宅購入にかかる諸費用を全てご紹介します。

■売買契約まで

・申し込み証拠金

購入意思があることを不動産会社に示すために支払うお金のことで5~10万円程度です。
法的位置づけはなく、契約が成立しなかった場合は返還されます。

・手付金

不動産の売買契約を結ぶ際に支払うのお金のことで販売価格の5~10%であることがほとんどです。
これは契約の証として売主に一度代金を預けておくお金であるため、万一の解約の際には返還されません。
また一口に手付金と言っても種類が存在し、それぞれによって位置づけが違います。

・印紙税

契約書にかかる税金のことで住宅の売買代金によって金額が定められています。

■引き渡しまで

・残余金

住宅売買代金から売買契約時に支払った手付金を引いた残りの代金を指します。
引き渡しの日に残金決算を行い、同時に支払うという形を取ります。
住宅ローンを利用する場合には、金融機関に借入を行ってその場で支払う方法か、直接金融機関から振り込んでもらう方法をとると良いです。

・印紙税

契約書にかかる税金であるので、引き渡し時にも必要になります。

・その他諸費用

その他場合にもよりますが、水道負担金、登記費用、仲介手数料などの諸費用が必要です。

■引き渡し以後

・不動産取得税

住宅を取得した場合、つまり引き渡し後に発生する税金です。
引き渡し以後半年~1年半の間に納税通知書が届きます。
軽減措置も存在するので不動産会社に相談してみましょう。

・引っ越しにかかる料金

住宅を購入したらいよいよ引っ越しする料金です。
プランや移動距離によっても様々ですが、4人家族であると15万円程度が相場とされているようです。
また、この際に家具をそろえるためにお金が必要になる方もいらっしゃるでしょう。

・固定資産税や都市計画税

住宅購入後、維持費として必要になる税金です。
固定資産税は住宅と土地にかかる税金で都市計画税は市長区村が対象にしている地域にのみかかります。
固定資産税の価格に関して、目安としては建築費用の約6、7割を占めると考えて良いでしょう。

 

いかがでしたか?
ここまで住宅の売買契約から引き渡し以後の維持費まで住宅購入にかかる全ての費用を見てきたわけですが、それぞれの費用は住宅によって前後するというのが実際のところです。
正しい知識を身に付けた上で不動産会社と相談しながら、最も安く済む方法を考えていきたいものですね。
次回はより踏み込んで、手付金に関して詳しく見ていきたいと思います。

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.