タテリノFIELD 愛媛(西条・新居浜・今治・松山・四国中央)

HOME > 家づくりコラム > 住宅を購入予定の方必見!知らなきゃ損する住宅ローン控除講座その6

住宅を購入予定の方必見!知らなきゃ損する住宅ローン控除講座その6

2017-08-21

こんにちは!
前回までは、「住宅ローンで控除される額がどのくらいなのか」を把握するための計算方法について、住宅ローンの1年ごとの残高から、控除率をかける部分まで詳しくお話しさせていただきました。皆さんがご理解いただけたでしょうか。
さて今回から、この控除を最大限、お得に利用するためにはどのような法帆を取ればいいのか?というお話をさせていただきます!「お得!」というフレーズはどの方も気になるものだと思いますので、ぜひお見逃しなくご覧ください!

■低金利×住宅ローン控除はお得?
皆さんの常識として、「住宅ローンというのは、普通の住宅価格に利息分が上乗せされ高くなってしまう。」というものがあると思います。
しかし、低金利に住宅ローン控除を組み合わせた住宅購入方法だったら、その常識を覆せることが出来るかもしれません。というのも、変動金利型のローンを選択すれば、いくつかの金融機関の優遇金利で0.875%程度の金利で住宅ローンを組むことが出来ます。
一方、住宅ローン控除は今までお話ししてきました通り、10年間住宅ローンの1%分の控除を受けることが出来ます。つまり、金利より返ってくる金額の方が多いのです!
でも、本当にこのようなことがあるのでしょうか?

■その他条件に注意!
もちろん、上記のような状態にあっても確実にお得になる、というわけはありません。
まず、この控除は最長でも10年しか続かないという点に注意してください。10年で返済するローンというのはかなり珍しいとは思いますので、その後に払わなければいけない利息についてもしっかりと計算してくださいね。

また、住宅ローンを出来るだけ短期間に収めて、この控除を最大限に利用しようとすると、年ごとの控除額上限が足かせになってくることがあります。(1年ごとに40万円、10年で400万円までの上限)

とはいえ、最初の10年間は利息分より多くの控除を受けることは可能です。そういった面で、この控除を利用しないという手はないでしょう!

いかがでしたか。金融機関の提供する優遇低金利と住宅ローン控除を組み合わせることで今まで考えられなかったようなお得な住宅ローンを組めることがご理解いただけたでしょうか。ぜひ、しっかりと下調べをしたうえでこれを試してみてください!
また、タテリノではこのような住宅ローン控除などを活用した資金計画から、住宅の悩みまで、親身になってお客様を全力でサポートいたします。
ぜひ、一度お話を聞きにいらっしゃってください!

Copyright © TATERINO FIELD All rights Reserved.